• 電話占いごみそとは
  • 利用方法
  • 料金・支払い案内
  • 霊能者紹介
  • よくある質問

お住まい別 霊能鑑定者の体験談

島根県


長年親族の介護につきっきりだった私には、出逢いが全くありませんでした。親族が他界した頃には、私はすでに30歳を越えていたのです。“これからは自分のために生きたい” “女としての幸せを追いかけたい”と思うも、周りの人たちはみんなとっくに結婚していて、出逢いなどありませんでした。なので雑誌の電話占い特集記事で見た“電話占いごみそ”を利用することにしたのです。出逢いを叶える電話占いは他にもありましたが、できるだけ本格的なところで見てもらいたいと思ったので、私は“電話占いごみそ”を選び、利用のためにさっそくお電話を掛けました。霊能者に繋がるとすぐに霊視鑑定が始まりました。ごみその霊能者は霊視で私の心を覗き込み、私が長年親族の介護で恋愛どころではなかったこと、いま出逢いを求めていることなどを次々と言い当てていきました。続いて「あなたは運命の人とまだ出逢っていません。その人とはあなたがこれから働くことになる新しい職場で出逢うでしょう」と言われ、その人の特徴をいくつか教えてくださいました。そして、当時私は職場を探しているところでしたが、それもすぐに決まると言われたのです。その時は正直“そんなにうまく行くのかな”と思いました。ですが鑑定から数週間後、私は近くの会社で事務員として採用されたのです。そしてなんと、本当に新しい職場で出逢いが訪れました。職場の先輩にあたる彼は私の3個下で、年下なのにとても優しく私の面倒を見てくれる人でした。彼とは次第にプライベートでも遊ぶようになり、やがて交際関係に発展したのです。ごみその霊能者が言った通りになりました。私はいま女としての幸せを噛み締めています。
山下恵里香さん(31歳・島根県松江市・事務職)

電話占いごみそを利用したのは人間不信に陥っている時でした。婚約していたはずの彼が年下の女に行ってしまい、振られてしまったのです。とてもそんなことをする人だと思っていなかったので「もう男なんて信じられない」と思いました。でもやっぱり幸せになりたくて、本当に良い出逢いを求めてごみそに相談しました。ごみその霊能者は優しげな口調でしゃべりながら、的確な霊視で私の状況や性格を言い当てていき、そして“次に出逢う彼は友人の友人であること” “一見遊んでいそうに見えるが実はとても誠実な人であること”などを教えて下さり、「しばらくの間は友からの誘いを絶対に断らないで下さい」と言われました。すると鑑定から4日後、さっそく友人が私を女子会に誘ってきたのです。私は女性同士の馴れ合いは苦手だったのですが、先生の言葉を思い出し、誘いを受けることにしました。そうしたら、女子会に来た友達のひとりが“いい人いるよ”と言って、私に男性を紹介してくれることになったのです。その男性が“彼”でした。ごみその先生の言う通り、一見イケメンなのですが、すごく真面目で、しかも彼も私を気に入ってくれたんです。今では、彼と安心したお付き合いをしています。毎日が幸せです。
堂本景子さん(28歳・島根県出雲市・接客業)

夫がいる身であるにも関わらず、軽い気持ちで年下の彼と不倫をしてしまいました。するとそれ以降、身の周りで心霊現象が起こるようになったのです。誰もいないはずの部屋から誰かの足音がしたり、勝手に物が落ちたりしました。あと金縛りも頻発するようになりました。寝床で動けないでいると、私の上に黒いモヤのようなものが覆いかぶさってくるようになったのです。“もしかして私の不貞に御先祖様が怒っているのかも……”と思った私は彼との関係を切ることにしたのですが、彼と別れてからも怪異は収まらず、むしろ悪化する一方でした。どうしようもなくなった私は霊能者に相談することを決め、ネットで検索して評判が良かった電話占いごみそを利用しました。するとごみその霊能者は「異変の正体は先祖霊ではなく彼の生霊です」と言われました。なんと、彼は私と関係を持った直後から本気になってしまい、無自覚のうちに生霊を飛ばし続けているというのです。「どうにかなりませんか」と言うと、霊能者は彼の生霊に働きかけ、“もう私のことを諦めるように”と繰り返し説得して下さいました。彼はなかなかしぶとかったようですが、何度も説得した結果、ようやく諦めてくれたとのことでした。すると鑑定以降、あれほど頭を悩ませていた心霊現象がピタリと収まったのです。驚きました。おそらく本当にごみその霊能者のおっしゃる通り、彼が私のことを想って生霊を飛ばしていたのです。深く反省しました。彼にも、旦那にも、本当に悪いことをしたと思っています。今後、浮気は絶対しないようにします。
福田倖子さん(35歳・島根県出雲市・主婦)


ページトップへ