• 電話占いごみそとは
  • 利用方法
  • 料金・支払い案内
  • 霊能者紹介
  • よくある質問

お住まい別 霊能鑑定者の体験談

静岡県


高校の同窓会で再会した彼。とても男らしくなっていました。その場で話も盛り上がり、連絡先も交換して「今度また遊ぼうね」と約束しました。ですが彼から一向にお誘いが来なかったんです。“義理で言ったのかな”と思ったんですけど、諦めきれなくて、電話占いで彼の本心を聞いてみようと思いました。ちょうど手元にあった雑誌に電話占い情報が載っていたので、一番本格的な雰囲気だった「ごみそ」に電話を掛けてみました。霊能者はすぐ彼を霊視してくれました。結果はなんと“彼の方も私を意識してなかなか誘えずにいる”というものでした。「あなたの方からお誘いすれば話は早いです」と言われ、思い切ってメールを送ってみると、すぐに彼から返信が入り、さっそく週末のデートが決定。それをきっかけに一気に仲良くなり、お付き合いに発展しました。まさかメール一通でここまでうまく行くなんて思いませんでした。相談して本当に良かったです。
鈴木香澄さん(30歳・静岡県浜松市・デザイナー)

医療事務として診療所で働いているのですが、ずっと医師の先生に片想いをしていました。先生は30代独身で開業医、とても釣り合わないと思っていたのですが、それでも気持ちを抑えきれず、“古い霊能術で願いを叶えてくれる”と雑誌で紹介されていた「ごみそ」にお願いしてみることにしました。これで駄目なら本当に諦めよう、と思ったのですが、霊能者はまず私の願いを無言で読み取って下さり、先生の外見や性格、職業などを完全に言い当て、それから先生の生霊を呼び出して説得して下さったんです。その効果は数日後に表れました。なんと仕事終わりに先生の方から私を食事に誘ってきたんです。先生の行きつけという小洒落たバーで食事を取り、お酒を飲み、そして酔った先生とそのまま一夜を共にし、交際関係になったのです。あれほど片想いしていた先生とたった数日でお付き合いできたなんて信じられません。嬉し過ぎてまだ現実感が湧きません。
森本美咲さん(28歳・静岡県静岡市・医療事務)

破局寸前の彼と一からやり直したいと思い、ネットの占い情報サイトで“本当に願いを叶えてくれる”と評判だった電話占い「ごみそ」を利用してみることにしました。伝統的で本格的な霊能術ということでちょっと怖そうなイメージだったんですけど、霊能者に電話が繋がると、優しそうな声のお婆さんが出てくれてホッとしました。ですが霊能力は本物でした。私がまだ説明するより前に、彼と破局寸前であること、付き合って1年程度であること、もう一度付き合ったばかりの頃みたいに戻りたいことなど、私の状況や願いの内容を次々と言い当てていったのです。驚きました。それから霊能者は「彼も本心では同じ思いを抱いていますが、どうやら彼はあなたより思い込みが強く、素直になれないようです。念を送って彼の心を刺激することで、ふたりの関係は一気に良くなります」と言われ、実際に念を送ってくれたんです。鑑定が終わった直後は何だか狐につままれたような気分でしたが、なんとそれから数十分も経たないうちに彼からの着信があり、逢うことになりました。すると彼はあんなにピリピリしていたのが嘘だったかのように優しくなっていて、「俺達もう一度最初からやり直そうよ」と言ってくれたんです。その夜を境目に私たちの関係は元通り。今でも仲良しの交際が続いています。
佐藤祐乃さん(34歳・静岡県浜松市・アルバイト)

パート先の店長とW不倫関係になってしまいました。最初のうちはせめて割り切ったお付き合いを楽しもうと思っていたのですが、時間が経つにつれてどんどん深みに嵌まっていってしまったのです。私には小学生の子供がいますので、離婚は考えられませんでしたが、それでも彼への好意を消すことができませんでした。どうしていいか分からなくなった私は“伝統の霊能術であらゆる悩みを解決してくれる”と雑誌に紹介されていた電話占いの「ごみそ」に相談してみることにしました。ごみその霊能者は霊能術ですぐに私の状態を見破り、「このままでは大変なことになりますよ」とズバリ。霊能者の予知によれば、このまま関係を続けていると数ヵ月後に明るみになってしまう、とのことでした。「どうすれば彼への気持ちを消せるのか分かりません」と言うと、なんとごみその霊能者は、本来であれば恋の相手に対して行う心変えの術を私に対して行ってくれたのです。私の心の中から彼の存在がみるみる消えていくのが分かりました。私の間違った恋が終わりを迎えた瞬間でした。その後、私はすぐにパート先をキッパリ辞め、“もう二度と不倫はしない”と固く心に誓いました。「ごみそ」の霊能者に助けられました。ありがとうございました。
水沢裕美さん(38歳・静岡県浜松市・主婦)


ページトップへ